サイトマップ
建吉組トップページ  
お問い合わせ 資料のご請求
フリーダイヤル0120-43-1199
受付時間午前9時から午後6時
一般建築事業 地中熱利用 リニューアル事業 短工期工法 会社概要 採用情報 お問い合わせメールアドレス


建吉組が提案する安心の「賃貸免震マンション」免震構造について

建吉組は提案します。「地震国日本」だからこそ、今からの建物には免震構造を!

耐震構造と免震構造との違い
耐震構造は、地震に強い構造ではありますが地震とともに建物が揺れるのに対し、免震構造は地震が起きても揺れにくい構造で、建物に及ぼす地震の力を小さくします。


RSL免震システム

RSL免震システムのRはリライアビリティ(システムの信頼性)、Sはセービングコスト(低価格)で Lはリバティ(自由設計)を表しています。すなわち、RSL免震システムは、安全性は耐震設計より高く、費用は耐震設計の建物と変わりないレベルで、しかも建物への地震の影響が非常に少ない分、自由な設計手法を駆使した建築物が設計出来るという意味を込めている。

また、“RSL”は天然ゴム系積層ゴムに用いられる ゴム (rubber) の“R”、鋼棒ダンパーの材料である鉄 (steel) の“S”、鉛ダンパーの材料である鉛( lead )の“L”も同時に表現しています。


積層ゴムアイソレーター 鉛ダンパー 免震U型スチールダンパー
薄いゴムの板と鋼板を何層にも加硫形成したものです。垂直方向の荷重に対しては、とても剛性の高いものになります。 鉛の塑性変形によるダンパーで、焼形時から減衰性能を発揮します。 鋼棒の塑性変形によるダンパーで、大地震のエネルギーを吸収します。

免震システムについて
RSL免震 免震建築の歴史 コストと点検

 

 







このページの先頭へ



ホーム | 一般建築事業 | 住宅事業 | 土地活用 | 分譲住宅 | リニューアル事業 |  不動産管理 | 地中熱利用システム | 
リンク | サイトマップ | 個人情報保護方針 | 資料請求 | お問い合わせ |

ISO取得!より良い建設工事を目指すため、建吉組は品質確保の国際規格ISO9001:2000を取得しています。
株式会社建吉組 〒860-0863  熊本県熊本市中央区坪井6-38-15 TEL 096-343-1111(代表)  FAX 096-345-6711
Copyright (C) Tateyoshi Co.,Ltd All Rights Reserved.メールアドレス
ISO9001取得済エコアクション21
Fun to Share
(株)建吉組はFun to Shareキャンペーンに参加しています。